天然酵母パンでふんわり丸パン☆アメリカ各月齢の特徴にマッチしているお洋服をご紹介

投稿者: karin5 投稿日:

1.Today’s recipe

ふんわり食感天然酵母パン☆

何度も試行錯誤を繰り返しようやく市販のパンのようなふんわり感に仕上げる事に成功!

 

ふんわり触感に仕上げるポイントは、低温でじっくりオーブンで焼くこと☆

 

ストレート法で簡単に出来きてしまう、天然酵母パン!おすすめですよ♪

 

材料

強力粉 400g

天然酵母液 200g

オリーブオイル 5g

砂糖 10g

 

*作り方*

1.ホームベーカリーに、すべての材料を入れて生地のみコースをスタート。

2.生地が練りあがったら、ボールに入れてラップまたは蓋をして一晩自然放置(自然発酵)させる。

3.翌日朝に、約倍の大きさまで生地が膨らんでいたら、一次発酵終了。生地を約10〜15等分に分けて、丸めます。そして約15分のベンチプレス(濡れたキッチンペーパーをかぶぜる)。

4. ベンチブレス後は、2次発酵も自然放置で(日の当たる場所に置くと発酵が進みます。)約3時間ほど。発酵の目処は、生地が2倍の大きさに膨らんでいたら発酵終了

5.予熱せずに、約150℃(300℉)約5分程度。表面がうっすら色が付いてきたらオーブンを止めてオーブンに入れたまま予熱で20分ほど入れっぱなしにします。

6.オーブンから取り出しパンの粗熱が取れたら完成☆

point低温でじっくり時間をかけて焼くのが、天然酵母パンがふんわり仕上がるコツです

赤ちゃんも食べるため、今回は、砂糖の代わりに、レーズンを入れて作っています。

市販のパンのようにふんわりしっとりパン

サーモンやスクランブルエッグ、ジャム、クリームチーズを挟んで食べると

さらに美味しく食べれる天然酵母パン☆

 

子供達が大好きな天然酵母パンは、すぐにペロリと食べきってしまうほど、

お気に入りパンのようです♪

 

2.The event of the day

アメリカのベービー用のお洋服は、日本で購入するより比較的安いような気がします。

 

1人目ミーちゃんは、初めての子だったので、

アメリカの友人たちからベービーシャワーや出産後お祝いなどで、どっさりと服を貰い

1年半ほどは自分で購入しなくてもいいほどバリエーション豊富なお洋服が。

 

アメリカのお洋服を着せるのが初めての経験だったので、とにかく新鮮でした。

 

2人目ホップちゃんは、ミーちゃんが着なかったお洋服やもう着れなくなって

お気に入りだったお洋服を着せてまた新鮮な気分に☆

 

そして、3人目10ヶ月赤ちゃんは男の子。

女の子用のお洋服はものすごい量がお家に残っており、

 

着る時期が短いお洋服を購入するのは、、、、

と、新生児の頃はなんとかある服でやりくりしていたけれど、

赤ちゃんを見ていると『この時期はもう2度と戻らない!我慢しなくてもいいんじゃない?』

と思い始め、3人目の赤ちゃん服を購入決意!

 

赤ちゃんの時期は、一回きり☆今回はアメリカで有名なCarter’sで

各月齢に合った可愛いお洋服をご紹介!

 

◼︎Carter’s(カーターズ)

1.首が座ってからお座りするまでの時期

色使いがカラフルで、ロンバースのロゴ嬉しくなるメッセージ付き。

「my favorite word is mama」

「mama’s girl 」

「little sister big heart」

など、嬉しくなるようなメッセージが可愛いデザインでプリントされていて、

育児をしている時に、ふとそのメッセージが目に入ると

ふっと肩の力が抜ける時やメッセージに微笑んでしまうがよくありました。

 

 

2.お座り時期からハイハイ時期まで

お尻をフリフリとハイハイする時期は、

女の子の場合はズボンにレースが付いているものなど、

男の子の場合は、動物や乗り物お尻にデザインされているのなど、

 

ハイハイする仕草でお尻をフリフリする仕草より一層、可愛く見えます。

 


 

3.つかまり立ちからよちよち歩き時期

女の子の場合は、ワンピースや可愛いデザインのロンバースなど、

男の子の場合は、恐竜のデザインのパーカーなど

 

背中や足の仕草がとっても愛らしく見えます。

 


 

10ヶ月赤ちゃん用にも他にも『H&M』『Old Nary』『GAP』など、

比較的求めやすい価格でベービー服を展開しているショップもあるので、

 

ベービー服のファッションを考えるのが、

育児の合間の楽しみの一つになっています♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です