子供と一緒にポップコーン作り☆チョコレート作り体験へ行ってきました。

投稿者: karin5 投稿日:

1. Today’s Recipe

ミーちゃんと一緒にポップコーンを作ってみました☆

 

                            材料

                                              ポップコーンの素 1袋

                                              オリーブオイル  大さじ1/2

                                              塩        小さじ1/2

 

*作り方*

1 ポップコーンの素をフライパンに入れます。

2 オリーブオイルを全体に回しながら入れます。

3 フライパンに蓋をして、全体に油が絡まるように揺らします。その後中火にかけます。

4 中火にかけて2~3分すると次々とコーンが弾けてきます。

5 コーンが始め終わるまで蓋をしたまま待ちます。

6 弾け終わったら、食べる分だけボールに入れて塩を振りかけて全体を混ぜたら完成です☆

 

point今回は、子供用を作るため、あえて塩分をまぶさずにポップコーンが出来てから塩をまぶしました。

ポップコーンの素をフライパンに入れる時に同時に塩もフライパンに入れると全体が均等に味がつくのでオススメです。

 

子供と一緒にポップコーンがはじける瞬間を見て楽しみ、出来たてのポップコーンも食べて楽しい時間が過ごせるので、2倍の楽しみのあるオススメおやつです。

 

フライパンでコーンがはじける瞬間は、危ないので注意して作ってみてくださいね♫

 

2.The event of the day

今日はミーちゃんとチョコレート作りの体験へ、チョコレート専門店のカフェに行ってきました。

シックな作りのとっても素敵なお店でした。

私たちの参加したのは、チョコレートをカカオ豆から作る本格的なチョコレート作りです。

この機械に、カカオ豆・カカオバター・お砂糖を入れて攪拌すると

このようなチョコレートがペースト状になります。これを28度まで下げます。

「28度はテンパリングとの関係」と店員さんが一番のポイント事項で詳しく説明してくれました。

つまり、チョコレートが美味しく頂けるラインの温度まで下げてから固めるとの事らしいです。

トッピングをして、チョコレートを固めている間、いろいろなカカオ豆のお話を伺いました。

これがカカオ豆です。皮をむくとツヤのあるチョコレート色の濃いお豆でした。

このお豆を実際に試食させてもらいましたが、味はコクのあるカカオの味でした。

 

最近は、カカオ豆を砕いてお料理のアクセントにしたり色々な方法で使われているそうです。

 

チョコレートが固まり、ラッピングをしてくれてミーちゃんと記念写真☆

楽しい親子の時間が過せました☆

 

3.Child Raising

*子育てコラム* 食べつかみスタート

妹ホップちゃんも8ヶ月を過ぎ、食べることに慣れてきました。

市の離乳食相談に行ったら、「もうパンなどもあげてみてもいい」と言う事で、喉をつまらせない大きさにカットして、離乳食に加えてみました。

かぼちゃレーズンパン野菜スープとうもろこしスープです。

パンを詰まらせないように多めにスープも用意。

 

なんと妹ホップちゃん!!!パンを次々と完食(O_O)!!

 

スープも全部飲み干して、いい食べっぷりでした。

私たちの朝食も、妹ホップちゃんと同じ内容☆

少しづつ、離乳食作りも楽になってくるんだなぁと肩の荷が軽くなった日でした。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です