シカゴ旅行⭐︎ペニシュランホテル滞在記①

投稿者: karin5 投稿日:

1.Today’s Travel
⭐︎ペニシュランホテル宿泊滞在記⭐︎

パパからのクリスマスプレゼント⭐︎

クリスマスの週シカゴにあるペニンシュラホテルへ3泊4日宿泊してきました!

 

自粛生活が続く中、久しぶりの小旅行⭐︎

しかも大都会シカゴへ車で旅行へ

子供達も何ヶ月も前から楽しみにしていたホテルステイ。

 

クリスマスシーズンのペニシュラホテルの滞在記を書いていきたいと思います!

まずは、ザ・ペニンシュランホテルは、

バッレトパーキング(valet parking)なので、

車をホテルの係の人に預けます。

 

車を降りたら、獅子達がお迎えするかのように。

煌びやかにクリスマスの装飾されたエントランスを抜けて、

受付ロビーへ。

受付でチェックインを済ませてから予約した部屋へ。

 

エレベーターを降りて、

宿泊する部屋へ向かって廊下を歩く足取りは、

何とも言えない高揚感⭐︎

ドアを開けると

宿泊する部屋に

部屋からはいい香り

想像していたよりも部屋が広くてびっくり

ベットも綺麗にベットメーキングされており

窓側に1人用ソファが2つ

窓からは、シカゴの街並みが一望

部屋の壁紙にはペニシュランホテルを象徴するかの様にの絵が。

ネスプレッソのコーヒーマシーンが置いてあり、

好きな時に自由のコーヒーが飲めるので嬉しいサービス

さらに紅茶も種類豊富⭐︎

車のドライブで疲れた体にちょっと一息

4種類のネスプレッソのカプセルから選んで

少しコーヒータイム♪

長時間ドライブで体も疲れていたので、お風呂へ

浴槽とシャワールーム、トイレが全て分かれていたので、

なんて使いやすんだろう!感動⭐︎

アメリカのホテルは、

浴槽の隣にトイレがついているホテルが多いので、

日本では当たり前な浴槽ルームの作りがすごく有り難く感じる瞬間。

 

照明のライトを数段階に明るさを調整でき、

浴槽のみにかけれるのオーディオが備えられており、

ラジオやクリスマスソング、jazzなど好みの

音楽を聴きながらお風呂タイムを楽しめるように

 

しかも、スパモードが備えられており、

間接照明に切り替わり癒される音楽を聴きながら

ゆっくりと入浴タイム。

 

日ごろの疲れが取れる瞬間至福の時でした⭐︎

朝6時半に起床⭐︎

子供がいるので、朝が早い我が家。

 

日が登る瞬間がビルに反射して幻想的でうっとりする瞬間。

日が明けるのを眺めながら

コーヒータイム。

子供達は、牛乳を飲みながら一緒に朝のカフェタイム

朝食は予約制なので、

予約した時間なったら朝食の会場になっている

メインロビーにある「ザ・ロビー」へ

 

午後はアフタヌーンティーを提供している

ペニシュランホテルを象徴するような素敵な空間

 

そこで朝食が食べられるので、

ペニシュランホテルの宿泊の楽しみの一つ。

 

 

朝食の様子ザ・ロビーの様子次の記事で⭐︎

 

2.The event of the day

ペニシュランシカゴは、予想通り、予想以上かな?

クリスマスのオーナメントもホテルサービスも

本当に素敵で癒される瞬間がいっぱいのホテルでした⭐︎

 

子供達がホテル内を楽しめるアクティビティ(Scavenger Hunt)を

用意してくれていて、

問題を解きながらホテル内を探検

全ても問題が解けたら素敵なプレゼントを

大喜びな子供達⭐︎

 

プール施設も予約制になっており、

子連れ家族が一緒の時間になるように調整など、

ホスピタリティをたくさん感じられる素敵なホテルでした。

 

ただ、私たちは年子3人子連れステイだった上に

パパが急遽仕事が入ってしまいホテルの部屋で

一日のうち半日以上電話会議を

(しかも本来は休暇中だったのに、

ホテル滞在中全ての日程に仕事が入ってしまい、、、)

 

いくら素敵な空間でも部屋が1室の中

子供の世話とパパの仕事を同じ空間で過ごすのは

ほんと息がつまり、、、

 

コロナ禍で1人で子供達3人を外に連れ出すのも大変だし、、、

せっかくの素敵なホテルステイを十分満喫できなかったのは、

少し残念。

 

けど、クリスマスの非日常な空間を楽しめた事に感謝⭐︎

 

日々当たり前に過ごしていた変化のない日々の生活や

家の空間の良さなど

改めて日々の生活の有り難みに気づく旅行でした⭐︎

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です